危険|かにの捌き方に注意!手を切る怪我多発!?

蟹

かに好きは多いですが、食べるのが難しいために食べるのを諦めている人もいるでしょう。適当に捌くとケガをすることもあります。ここで正しい捌き方を学んで、安心してかにを味わってください。

 

足を上手に捌くには?

 

タラバガニやズワイガニなどは、足にプリプリの身が詰まっています。しかし殻から上手に身が出せずに苦労している人が多いようです。かにを一杯丸ごと購入した場合は、まず包丁やキッチンバサミで足を胴体から切り離しましょう。

 

足の根本の柔らかい部分を切れば簡単に切り離すことができます。次に足の関節部分に包丁やキッチンバサミを入れ、2つに分断します。分断した太い足のほうは付根側が柔らかくなっているので、そちら側からハサミをいれるとすんなり殻が剥がれます。

 

細いほうの足は、先程包丁やキッチンバサミを入れた関節側が柔らかくなっているので、そちらからハサミを入れましょう。どちらも足の外側よりも内側のほうが柔らかいので、内側にハサミを入れることをおすすめします。

 

もし間違えたとしても、柔らかい部分を探して切れば上手に剥がすことができると思います。一度で上手に剥がれない場合は無理に剥がさず、キレイに剥がれるまでハサミで切りましょう。

 

胴部分の身やカニ味噌を上手に取り出す方法は?

 

足を切り離した胴部分の裏側を上にし、下のほうにある三角になっている部分に指を入れその部分を取り外します。外した部分に再度指を入れ、今度は甲羅を外します。その際カニ味噌が流れ出てこないように、甲羅を下にして外しましょう。

 

胴についているカニ味噌は甲羅に移してください。タラバガニはカニ味噌の味がイマイチで、かに通販で購入した場合は処理されていることが多いのでその場合気にする必要はありません。左右対称に付いているくすんだ色のエラの部分は食べることができないので、指で外しましょう。

 

今度は胴の真ん中に包丁を入れます。胴を2つに分断したら、それぞれの胴の横からハサミを入れて身を取り出しましょう。よく見ると溝が確認できると思うので、その溝に沿ってハサミを入れれば簡単です。

 

固い部分に無理やり包丁やキッチンバサミを入れるのではなく、柔らかい部分を探してください。慣れないうちは難しく感じるかもしれませんが、一度正しい捌き方が身に付けば短時間で捌けるようになりますよ。

食通の中でも特にカニ好きなら口にしたい特別なカニ

蟹鍋

日本で流通するタラバガニのほとんどはロシア原産で、大部分はオホーツク海などに集まっていて、北海道の稚内港へ入ってから、その地より所々へ輸送されているのです。

 

短足ではありますが、体にボリュームたっぷりの身の濃厚な花咲ガニは食べ応えも充分です。貴重なカニですから、通販でお取り寄せする際は、別のカニを入手するときに比べお値段は高めです。

 

近年、カニ愛好家の間で特に「花咲ガニ」への興味が集まっています。

 

約80%もの花咲ガニの産地である北海道は根室に、花咲ガニを満喫しちゃおうというツアー企画も結構見られるほどです。ロシアからの輸入率が、びっくりする程の85%にのぼっていると思われます僕らが低い売価で、タラバガニを味わえるのもロシアで取れるタラバガニの存在があるからだと断言できます。

 

ロシアからのインポート結果が、ビックリしますが85%に達していると思われますあなたがリーズナブルな勘定で、タラバガニを召し上がる事が出来るのもロシアから輸入されるタラバガニが大量にあるからなのである。毛ガニを通販で購入するのは、日本人であるなら一度試したいものです。新年に一家揃って満喫したり、寒い寒い冬ほっこりカニ鍋を大勢で賑やかに囲むのはこの国ならでこそです。

 

味が決め手のズワイガニは、雄と雌で寸法が違っており、雌の多くはいつも卵を抱えている状況であるため、漁獲される地域では、雄と雌を全く違う品物として売買しているようです。毛ガニの水揚地といえば他でもない北海道です。獲れたて・直送の最高の毛ガニを、通信販売で買って食べることが、冬の季節楽しみにしているという人もたくさんいるはずです。

 

すぐ売れてしまう鮮度の高い毛ガニを思い切り楽しみたいというような人は、のんびりせずにかにのネット通販などでお取り寄せするようにしてください。思わず「う〜ん」とうなってしまうこと間違いありません。冬というのはカニの美味しい季節ですが、山陰地方で生息している松葉ガニと同じ様に抜群なのが、瀬戸内海で獲れる鮮度の良いワタリガニです。

 

正式にはガザミとつけられていて、今節では瀬戸内で名高いカニとなりました。花咲ガニというのは、水揚が短期のみで(5月頃〜9月頭頃)、ある意味冬の短い期間限定の代表的な蟹であるが故に、試したことがないなどという人が意外といるのではありませんか。丸ごと新鮮な花咲ガニを届けてもらったのなら、食べようとしたとき指や手を切って怪我をしてしまうこともありえるので、軍手や料理用手袋を使ったほうが安全に調理できます。

 

大好きな毛ガニをオンラインショップの通信販売などでお取り寄せしてみようというとき、「適量の大きさ」、「茹で処理済み・活きたまま」は何を目安に決めるべきかわからないという方もいらっしゃるのではないですか。ズワイガニとは、水深300mに近い深海に住んでいて、観光地の多い山口県からカナダ領域まで方々で漁ができる、すごく大きくて満腹感のある味わえるカニなんです。

 

食通の中でも特にカニ好きなら口にしたい特別なカニ、花咲ガニ、その味は豊かなコクと濃厚な旨味を持っていますが、一風変わった香りで他のカニのものと比べると磯香がやや強めです。